交通事故の示談での時効のポイント

最近では多くの人が交通事故に遭っているというデータがあります。その中で巻き込まれてしまったときに相手と慰謝料や損害賠償や治療費の示談の話をしていきますが、こうした話をしていくときに頭の中に入れておかないといけないのが時効の件になります。時効を過ぎてしまうと請求ができないのですが、その内容によって全く違ってくるということがあります。後遺障害やけがに関する部分では時効が違ってくるため注意が必要になります。とくに重傷で治療の期間が長くなってしまうと時効が迫ってきてしまうということもあります。そのため治療が継続していくとしても治療費がもらえなくて自腹になってしまうことがあります。その場合には時効の中断の手続きをしていくことが大事になります。そして加害者に念書を書かせることで継続して治療費を払ってもらえるということがあります。

交通事故の示談での多いこと

いきなり道を歩いていて車にひかれてしまったりするという交通事故は増えてきています。こうしたときに必ず加害者やその保険会社に治療費や損害賠償などを払ってもらう必要がありますが、このときに多いのが高めの金額を見積もっても支払いを拒否されるということがあります。裁判を起こしても時間と費用がかかるため被害者は裁判を起こさないと保険会社は考えているため拒否していて大体は示談を申し入れてくることが多いです。示談にすることで早くお金をもらうことができるということが必ず話をされます。そしてお金が早くもらえるということで被害者も示談に応じることが多いです。しかしほとんどが加害者側の保険会社が主導になってきているということで満足いく補償額がもらえないということがあります。そのため納得いかない場合には簡単に応じないほうがいいです。

交通事故の示談でのポイント

最近では交通事故に巻き込まれてしまうことも増えてきていますが、このときに相手や相手の保険会社からきちんとお金を出してもらうということが重要になっていきます。ここで大事になるのはあまりけががなくて障害が残りそうにない場合には示談で手っ取り早く解決したほうが楽ということがあります。しかしこうした示談を行うときでもきちんとお金をもらえないといけないですが、このときにあまりに高い金額を出しても保険会社から支払いがされないということがあります。そこで大事なこととして請求する金額の根拠をきちんと話すことができることが大事になります。ただし実際にはどのくらいの金額が妥当かということは判断するのが難しいためきちんとこちらも専門家に頼んで判定してもらうことが大事になります。あとは過失割合によっても違ってくるためこれも気をつける必要があります。

交通事故に遭われて相手方保険会社の示談金の額に不満のある方は、ぜひ当事務所の無料相談会にお越しください。 当事務所は、交通事故分野を専門的に扱っている法律事務所で、無料相談会も実施しておりますのでお気軽にご連絡ください。 もしも交通事故にあってしまった時、弁護士に依頼すれば保険会社との交渉をスムーズに行えます。 交通事故の示談の相談ならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です