資金調達には株式や銀行を利用するなど様々な方法がある

会社が資金調達をするためには直接金融という方法と間接金融という方法が存在します。直接金融という方法は資金が必要な会社が他の会社や個人から直接融通してもらう手段となります。例えば社債を発行したり新株を発行したりする方法などが直接金融に該当します。
その一方で間接金融という方法は銀行がお客様が預金したお金を資金を必要とする会社に融資するという手段となります。お金を預けたお客様と融資をしてもらう会社が契約を直接行っていないため間接金融といわれています。
このような資金の調達方法は上場企業でなくでも行うことが可能です。上場企業とは株式を証券取引所で売買することが可能な会社という意味で上場をしていなくても自由に株式の売買を行うことが可能な会社があります。

株式を公開していない会社も株式を譲渡できる

会社には株式を公開している会社と株式を公開していない会社があり、どちらも発行株式を譲渡することが可能ですが、株式を公開していない会社のときにはその会社に承認してもらう必要があります。自由に株式を譲渡することができないように制限することによって、会社にとって都合が良くない株主を生み出さないようにするためです。
その一方で株式の発行による資金調達は困難になります。会社に株式を譲渡する度に承認を得る必要がある面倒さを敬遠する人が圧倒的に多いからです。株式を公開している会社は承認しなくても株式を自由に譲渡できるため、投資家を募集しやすくなります。上場している企業は不特定多数の投資家の目に株式が証券取引所を介して触れることになるので、自然資金を調達しやすいという特徴があります。

株式を発行する方法と社債を発行する方法の違い

社債を発行する方法と株式を発行する方法では資金調達に異なる点が何点か存在します。社債を発行する方法では社債は会社の借金であり、必ず元本と利子は償還しなければなりません。株式を発行する方法は借金でなく株式を買った投資家は株主になれる権利を得ることができます。
会社の立場から見ると借金となってしまう社債ではありますが、社債を手に入れた人は経営に対して口を出すことができません。しかし株式を買った株主は会社の経営に対して口を出す権利を持っていることになります。株主は株主総会で利益配当を受けたり議決権を行使する権利があります。投資家の意見を取り入れ風通しの経営を営んでいけるというメリットや、上場することによって資金が調達しやすくなるというメリットもあります。

昭和39年創業以来、永き50年に亘り業歴を重ね、事業融資全般を主業とする老舗専門業者です。 不動産担保ローンのご相談なら湊屋商事へ。 昭和39年創業以来、東京南青山でビジネスローン(事業融資)を主業とし中小企業向け金融サービスを展開です。 資金調達でお急ぎの場合、ビジネスローンまでお問合せです。 不動産担保ローンの貸付利率:10,00%~15.00% (実質年率)となります。 資金調達でお困りの方はこちら必見なので要随時確認です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加