資金調達を行う時に用意しておく書類とは?

銀行の融資を利用して事業に必要となる資金調達を行う場合、事業計画を記した書類を作成しておく必要があります。事業計画書は融資を受けた資金が何故必要になるのかを記しているもので、必要となる金額がどのくらいになるのか、融資を受けたお金の返済が計画の中に含まれているのかなどが記されています。 事業計画書を融資の審査で活用出来る返済計画が事業計画書内に含まれているか否かに応じて、融資を行える会社であるのかなどの判断材料になります。最近のビジネスローンなどの場合は、事業計画書ではなく前年度の年収を把握する事が出来る納税証明書や確定申告書などを用意しておけば、事業計画書などの用意をせずに審査を受ける事が出来ます。 ちなみに、事業計画書は資金が本当に必要であるのか否かを見極める材料にもなります。

資金繰り表や事業計画書の作成について

事業性資金として利用出来るビジネスローンやカードローンなどは、即日融資が可能なケースもありますし、ネットで契約まで完結出来る、指定した金融機関の口座に現金を振り込みして貰えるなど資金調達の中でも比較的気軽に利用出来る魅力を持ちます。 資金不足でビジネスがスムーズに行かなくなるケースは多いかと思われますが、資金が不足するか否かを把握する中で資金繰り表や事業計画書などの書類を作成しておく事も大切です。例えば、3か月先までの入出金を記した資金繰り表を作成する。事業計画の中で資金が必要なタイミングを把握するなどもビジネスを成功に導く秘訣にも繋がります。 ビジネスローンを取り扱う会社の中には、こうした書類の提出を求めるケースもあるなどからも、予め作成しておくと良いでしょう。

ノンバンクも資金を得る方法の一つとして便利です

公的機関からの融資ともなると申し込みを行ってから審査が終わり、現金を手にするまでには数か月間が必要になるケースもあります。金利面で考えた場合には低金利ローンではありますが、計画の中で最短で融資が必要などの場合は、ノンバンクも資金調達の方法として考えるのも良いでしょう。 ノンバンクの魅力は短期間で融資を受ける事が出来る点があります。しかも、必要書類が少ない、申し込みはネットで完結出来るなどの魅力もあります。資金計画の中で数か月先に資金が必要などの場合は公的機関を利用する、今すぐに資金を集めたい時にはノンバンクを利用するなどの方法で使い分けも出来るわけです。 ちなみに、銀行にもビジネスユース専用のカードローンを用意しているところが多くあるので、ノンバンクや銀行のカードローンを比較するのもお勧めです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加