資金調達の審査を有利にする方法

企業が円滑に資金調達できるかは非常に大きな問題となります。特に起業したての時はなかなか融資を受けられなかったりするため、審査をクリアするための工夫が必要となります。 比較的融資をしてくれやすいのが日本政策金融公庫です。ここの審査を突破するにはまず小口融資を申請することです。はじめての融資においては慎重なチェックが行われ、なかなか大きなお金を借りることは難しいと言えます。それゆえに少なめの金額で申し込むことが有効になります。少額を借りては返すことを繰り返すことで借り入れの実績を作ることになります。 順調に返済を繰り返すことで徐々に借りやすくなっていきます。日本政策金融公庫との関係はこの1回の取引で終わるわけではないので、徐々に信用を得ていくことが重要となります。

情報をはっきりとさせることが重要

資金調達で審査を受ける際には企業のことや事業のことについて詳しく尋ねられます。これはそのままその借入先の上司へと伝えられます。この上司が決済の権限を持っています。つまり、審査を担当している人物が了承した場合は、その人物が上司を納得させる必要があるということです。 そのため、企業主の方は決裁権限のある上司まで含めて納得させられるような資料を用意する必要があります。審査の担当者は後に上司を説得する役割に回るため、一層たくさんの情報を聞き出そうとします。もし、上司を納得させられるだけの情報がないという場合は融資を受けることが非常に難しくなります。 情報の内容はもちろんですが、なるべく多くの自社に関する情報量を出すことで融資してほしいという熱意が伝わることもあります。

保証人に求められる能力について

日本政策金融公庫から資金調達を行う際には保証人が必要になります。この保証人は誰でも良いというわけではありません。例えば長きにわたって返済していく場合には、比較的若い方を保証人にした方が融資を受けやすくなります。他にも土地を持っている方や医師や弁護士のような免許を持っている方を保証人にすると融資の受けやすさは向上します。 ただし、保証人に選択した方には万が一の際に迷惑をかけてしまう恐れがあることに注意しておきましょう。特に企業経営では予期しない事態により、倒産してしまうリスクがあります。 また、日本政策金融公庫では実際に融資を受けるまでに時間がかかります。もし、どうしても急いで資金を集めなければならないという状況であればビジネスローンなども選択肢の1つになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加