覚えておきたい資金調達にノンバンクを利用する際のポイント

ノンバンクとは預金業務を行っていない金融機関のことです。銀行から低金利でお金を借りて、それより高い金利で一般に貸し出しているのが特徴です。ノンバンクにはいくつかの種類があります。具体的にいうとリース会社、ファンタリング会社、抵当証券会社などが挙げられます。 リース会社とは顧客が設備導入などをする際に、一時的な建て替えを行う事業所のことです。一度設備を購入するのは企業にとって大きな負担となることもあるので、リース会社が重宝されるケースは多いです。 ファンタリング会社とは企業が持っている売掛け債権を買い取り、代金を資金として提供する仕組みです。売掛け債権を確実に回収できるかどうか分からないという場合に便利な事業者ですが、売掛け債権から得られる金額が通常回収よりも低くなる点には注意が必要です。

利用するメリットとデメリットについて

抵当証券会社とは抵当証券を扱う会社ですが、抵当証券は不動産を担保に融資を行った抵当権者が債務者の同意を得つつ、貸付債権を証券化したものです。ノンバンク融資においては申し込みから借り入れまでの期間が短いというメリットがあります。 銀行や公的機関から融資までにそれなりに時間がかかります。しかし、銀行や公的機関には金利が低いというメリットもあります。そのため、期間がないという状況でなければ銀行や公的機関から借りるのがおすすめです。緊急的にお金が必要であるという場合にはノンバンクからの資金調達が有効になります。 また、担保や保証人不要となっているケースが多いこともメリットと言えます。企業経営では状況に合わせて資金調達の手段を選択することが非常に重要と言えます。

審査をクリアするために知っておくと便利なこと

ノンバンクは審査が早いという特徴を持っていますが、審査をクリアしなければ元も子もありません。融資を受けるためには事業者の返済能力が重要となります。他の事業者が金融機関から融資を受けている場合はなるべく返済してから申し込むと、審査をクリアできる可能性が高まります。 また、必要な書類を作成を確実に行うことで融資のスピードを早めることもできます。行歴が浅い場合には収支計画書、事業計画書も必要となります。 返済方法は借りる相手ごとに違いがあります。良い条件で貸してくれていても、返済の方法がややこしいと大変なので注意が必要です、契約事項を何度も確認しておくことが重要となります。返済方法には元本一括返済方式、元利均等返済、残高スライドリボ払いなどがあり、返済方法で利子も変わります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加