交通事故の示談金に納得がいかないのであれば

交通事故に遭ってしまい、示談交渉を保険会社としていたが、保険会社から提示された示談金の金額に納得がいかないという場合は、弁護士に相談してみる事をお勧めします。保険会社の担当者は、数々の交渉を行ってきているプロなので、結果に納得がいかないとしても、自分の知識だけでは、相手が提示してきた金額以上の結果を出すのは、なかなか難しいです。その為、結果に納得がいかない人には、弁護士の力を借りる事をお勧めします。今は、着手金や相談料がかからない弁護士も増えています。もちろん成功報酬は払う事になりますが、成功してから費用は発生するので、相談しやすいのではないでしょうか。ただし、相談する前に、成功報酬はどれぐらいとられるのか、相談は何回でも無料なのかなどをよく確認しておいた方があとあと困る事がないので、しっかりと確認しておくことをお勧めします。

交通事故を起こしたときに示談で解決するには

交通事故を起こしてしまった時に示談で解決できれば助かるという人は多いでしょう。もちろん事故の程度にもよりますが、物損事故や軽い人身事故の場合は当人同士の話し合いで解決するケースも中にはあります。当人同士で解決させる為には相手とのコミュニケーションが上手く取れなければいけません。事故直後は興奮していたり、逆にショックで落ち込んでいたりしています。まずは自分が落ち着く事、これが大切です。そして、相手を気遣い、怪我がないかどうかを確かめ落ち着かせる事が重要です。大丈夫ですかと、一言あるのとないのとでは、受ける印象が変わってきます。後の示談を円滑に済ませる為にも、相手を気遣う姿勢は大切です。示談の金額や対応はそれぞれですが、ある程度の知識がないと相場がわからないので、バイクや車の修理屋さんや、保険会社に相談してみるのも良い方法です。

交通事故の示談での大事なポイント

最近ではいくら自分が気をつけていても交通事故に巻き込まれてしまうということが良くあります。軽度の怪我もあれば中には障害が残ってしまうということも良くあります。そのときに示談が行われて話し合いで解決していくということがありますが、このときに大事なポイントがあります。それはいつから交渉を始めていくかということになります。障害の場合は治療が終わっていない段階で示談が済んだというサインをしてしまうと、これから先の治療費を受け取ることができないということがあります。しかも障害が残ってしまった後では生活費についても自分で出さないといけないし治療費もかかってくるため損をしてしまうということがあります。こうした検査を全て行って終わった段階できちんと行ったほうがいいということがあります。あとは時効にも注意していくことが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です