交通事故の示談で気をつけること

最近では自分の不注意や巻き込まれて交通事故にあうということが増えてきています。こうしたときにほとんど示談で終わらせるということがありますが、こうしたことを行っていくときに気をつけなければいけないことがあります。それは保険会社に示談を急かされるということになります。保険会社は早くこれを済ませたいということがあります、その理由として刑事責任を問われていることでこれが早く終われば刑事責任は軽くなるということがあります。加害者も反省しているということを良く言ってきますが、こういった言葉には騙されてはいけないということがあります。さらに交通事故の場合外傷はあまりなくても体の中にダメージが残っていてそれが障害になるケースもあります。そこで早めに損失額を決定してあとは知らないということにしたいという思惑があります。

交通事故の示談は弁護士に

法律上、弁護士以外の者が代理人となって、示談交渉を行うことはできません。弁護士法上、弁護士以外の者が、他人の法律事務を代理することは禁止されているからです。なぜこのような禁止がなされているかというと、示談屋と呼ばれる人間が暴利をむさぼったり、暴力的行動に出てしまうと、社会秩序が乱れてしまうからです。それを防ぐために、法政策として禁止措置をとっています。そのため、万が一交通事故被害にあって、相手と交渉をすることになった場合は注意しなければなりません。保険会社であれば、損害を負担する立場にあり、他人の法律事務に当たらないため、交渉をすることはできます。しかし、それを除けば弁護士に仲介を依頼する他は、非弁行為に当たり違法です。したがって、相手が示談屋を仲介させてきた場合でも、それに応じる必要はありません。泣き寝入りせず、弁護士に相談しましょう。

交通事故の示談のときの書類

最近では多くの人が交通事故に遭っているということがあり、その数は年々増え続けてきているということがあります。こうしたことに巻き込まれてしまった場合には必ず加害者や相手の保険会社に補償をしてもらう必要があります。しかしこうしたときにけがの程度によっては示談で済ませたほうが楽であるということもあります。そこでこうした示談をしていくときに書類に書かなければいけない内容のポイントです。まずはいつどこで発生したのかということを明確に書いておく必要があります。さらに加害者の所有していた車両と運転者の氏名と同時にナンバープレートはいくつかということも書いていく必要があります。さらにどのような交通事故でどのような示談で合意したのかということも書いておく必要があります。そしてそれに相違がなければ加害者と被害者のサインを明記しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です