交通事故における示談の提示された額の違い

交通事故などのトラブルが発生した場合に示談という言葉が聞かれますが、こういう言葉は裁判所以外の場で、当事者だけで起こったトラブルを解決するという契約を指します。ところで、かようなトラブルを解決するという契約を結ぶ前に知っておきたい事柄が実在します。どういう事柄なのかといえば、保険関連のカンパニーが提示した額とロイヤーに相談して提示してもらった額とでは大きく異なる場合があるという事実です。交通事故などが発生した場合、たいていは保険関連のカンパニーに示談の額に関して相談すると思われますが、被害者が重傷を負ったとしてもそういうカンパニーが提示した額は明らかに安いというのが頻りにあるようです。ところが、ロイヤーに相談すると保険関連のカンパニーが提示した額よりはるかに上回る額を提示してくれる場合があります。ですので、万が一、示談にかかわるようなトラブルに遭った場合はロイヤーに相談するのがベストです。

交通事故の示談のプロセス

示談は交通事故に限定されず、とりわけ法律に関するトラブルが起こった際には付いて回ってくる約束事ですが、交通事故になるとそういう約束事にたどり着くのに、意外にスパンがかかります。ただ、言うまでもなく、スタートはトラブルが起こったところからです。トラブルが起こると被害者は医療機関に診断してもらい、場合によっては通院などをします。通院などのプロセスだけでも何日かはかかります。通院などをしても治らなかった場合は後遺症のランクの認定をしてもらいます。そして、ようやく保険のカンパニーで示談の額を提示してもらいます。以上のプロセスを経て完了となります。ただ、こういったトラブルが起こった場合はロイヤーとの相談は欠かせませんし、通院などのプロセスの段階で相談しているのが普通です。またロイヤーに相談すればお得な部分があります。

交通事故が起こった際に作る示談書を書くには

交通事故が起こり示談の契約を結ぶ際に、書類の形として書く場合がありますが、そういったトラブルは、頻りには起こりませんので作成する手段に関して分からないという者がいます。そもそも、書類を作って得する部分は契約の内容の拘束力を強めるという点、後に発生するであろうトラブルが起こりにくくするという点などが列挙されています。なので、更なるもめ事を回避するという部分で、口約束で行うより大変秀でています。作り方ですが、タイトル、和解が成立した趣旨の内容、トラブルの内容、被害、権利を放棄する記述、示談の詳しい記載、日にち及び当事者に関する内容を書けば完成であり、法律の条文では書き方に関する規定は載っておらず、フリーです。ただ、フリーである分、書き漏れが出てくる場合も否めませんので、例を参考にしながら書くのが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です